MITA Home

医学・薬学翻訳の学習中に経験した疑問点および問題点についての検討

S. Imai

16 October 2002


翻訳にあたっての問題点 間違えやすい点、疑問に思う点

  1. 修飾

  2. 形容詞の訳

  3. 前置詞の訳

  4. “or”の訳

  5. 年齢 ― 〜decades of lifeの訳

  6. Retrospective StudyProspective Study

 

1) 修飾

内容から判断する場合

Concomitant medications were not allowed, except for antacids; acetaminophen; propranolol, benztropine mesylate, biperiden, or procyclidine for extrapyramidal symptoms caused by treatment: chloral hydrate, zolpidem, or flurazepam to improve sleep; and lorazepam for agitation, in doses not exceeding 4 mg per day for no more than four days in any seven-day period.
併用薬は
(1)制酸剤、(2)アセトアミノフェン、(3)プロプラノロール、メシル酸ベンズトロピン、ビペリデンまたはプロシクリジンを被験薬による錐体路系症状に対して投与する場合、(3)抱水クローラル、ゾルピデムまたはフルラゼパムを睡眠改善に対して投与する場合、(4)ロラゼパムを激越に対して投与する場合(但し、投与量は4mg以下とし、投与頻度は7日に4日を越えないこととする)以外は使用を禁じた。

1日の投与量は、制酸剤が0.51.0mg、アセトアミノフェンが0.30.5mgであることを考慮する―

The purpose of this review is to critically evaluate the scientific quality of published reports involving human exposures to mercury and associated health outcomes as an aid in the risk evaluation of this chemical.
この総説の目的は、水銀のリスク評価の一助として、ヒトの水銀曝露とそれに関連した健康上の経過などに関する既発表論文の科学的信頼性を厳しく評価することである。

involvingoutcomesreportsを修飾しており、as以下は全文にかかる―

Treatment with antimicrobial agents remains controversial: some studies suggest that treatment may precipitate haemolytic uraemic syndrome, and other studies suggest no effect or even a protective effect.
抗菌薬治療にはいまだ賛否両論がある。抗菌薬治療は溶血性尿毒症症候群を惹起する可能性があるとする研究もあれば、抗菌薬治療にはそのような作用はないとする研究や、予防作用さえあるとする研究もある。

”no””effect”にのみかかる―

PCR products were fractionated by agarose gel electrophoresis, transferred to nylon membranes and confirmed as HIV-1 specific by hybridization with the homologous DNA oligonucleotide probes (5’ [32P]-end labelled) by procedures previously described.
前述の手法にて、
PCR産物をアガロースゲル電気泳動法により分画した後、ナイロン膜に転写し、目標のDNA断片に相同なDNAオリゴヌクレオチドプローブ(5’末端を[32P]で標識)を用いたハイブリダイゼーションを行いHIV-1に特異的であることを確認した。

―電気泳動、転写、ハイブリダイゼーションの順序による―

文章の構造により判断する場合

High blood pressure may exist for many years without symptoms, or there may be headaches, vertigo, palpitation, moderate dyspnea, or nervous tension states for which no other cause can be found.
高血圧は何年もの間無症状で存在することもあるが、頭痛、めまい、動悸、中等度の呼吸困難、あるいは他に原因が認められない神経の緊張状態などの症状を示すこともある。

”,”の位置で判断―

Imipenem therapy was associated with significantly greater toxicity, manifested by Clostridium difficile-associated diarrhea and by nausea and vomiting, which required discontinuation of imipenem in 10% of recipients.
毒性はイミペネムの方が有意に高く、悪心・嘔吐や
Clostridium difficileによる下痢を認め、同群の10%でイミペネムの投与中止を余儀なくされた。

―前置詞”by””diarrhea”および”nausea”の前に付いている―

The XXX Semi-Compliant Angioplasty Catheter has an integrated shaft system and a balloon near the distal tip.
XXX
はセミコンプライアンス型の血管造影用カテーテルで、遠位末端付くにバルーンを設置したシャフトを装着している。

”near the distal tip”shaft system およびballoon を修飾するのか、あるいはballoonのみを修飾するのか定かでない。

 

2)形容詞を動詞的に訳す

MIC increases more dramatically at high inoculum, however, and animal studies suggest that expression of this determinant may affect the outcome of endocarditis.
ただし、接種量を上げると
MICは劇的に上昇し、動物実験ではこの耐性決定因子の発現が心内膜炎の転帰に影響を及ぼす可能性が示唆されている。

―前文に「標準的な接種量でMICをわずかながら上昇させる」という内容であるため、ここでの”high”は「上げると」になる―

This physiologic phenomenon has led one author (CFK) to use the tightening procedure with the lateral insertion of the posterior tonsillar pillar flap along with conservative midline soft palate and uvula excision.
著者の
1名(CFK)はこの口蓋各部の生理現象を考慮し、軟口蓋正中部と口蓋垂の切除を小範囲に留めつつ、後口蓋弓の弁皮を側方に挿入して引き締める技手を採用している。

 

3)前置詞の訳

For such use, stable solutions of sodium phenobarbital in 60 per cent propylene glycol in water are available commercially.
このような用途のために、
60%プロピレングリコール水溶液にバルビタール・ナトリウムを溶解した安定な液剤が市販されている。

Certain patients may spontaneously develop a collateral circulation with relief or at times almost complete recovery from their angina.
ある患者では自然に側副循環ができ、その結果狭心症が改善されたり、ほぼ完全に回復することもある。

 

4)“or”の訳

*「または」と訳す場合

Adult and pediatric patients undergoing chemotherapy for solid tumors, leukemias, or lymphomas were randomized to receive open-label ceftazidime or imipenem on presentation with fever and neutropenia.
固形腫瘍、白血病、またはリンパ腫のため化学療法を受けた成人または小児患者を発熱と好中球減少症がみられた時点で無作為化し、セフタジジムまたはイミペネムを非盲検的に投与した。

*「すなわち」(言い換えれば、別の言い方では)と訳す場合

In the benign tumors the mass grows slowly and centrifugally, that is, from the center outward, pressing the normal tissues about it and compressing them to form a kind of enveloping membrane or capsule, unless the tumor is on a surface, in which case the new growth projects from the surface in papillary fashion, without a capsule.
良性腫瘍の場合、腫瘍塊は遠心的に、すなわち、中心から外側に向かって緩慢に成長し、周囲の正常組織を圧迫する。腫瘍が組織の表面に存在しない場合には、周囲の圧迫された正常組織は、腫瘍を包むある種の外被すなわち被膜を形成する。腫瘍芽表面に存在する場合には、新たに増殖した部分は、被膜をもたず、乳頭のように表面から突出する。

Antipyretics are chiefly effective against abnormally elevated or febrile temperatures and do not significantlylower normal temperatures.
解熱剤は主として異常に上昇した体温、すなわち発熱に対して効果があるが、正常体温を大幅に低下させることはない。

Acetylation takes place at the free amino group, the same grouping involved in the diazo color reaction, hence the ordinary determination of blood levels does not recognize the presence of acetylated or conjugated sulfonamide.
アセチル化反応は遊離アミノ基で起こり、このアミノ基がジアゾ呈色反応に利用されているので、通常の血中濃度測定法ではアセチル化スルフォンアミドすなわち抱合スルフォンアミドは検出されない。

 

5)年齢 ― 〜decades of lifeの訳

Atherosclerosis with narrowing of the lumen is the most common form of coronary artery disease; it is most prevalent in the fifth and sixth decades of life and is found more often in men than in women.
内腔の狭窄を伴うアテローム性動脈硬化症は、冠状動脈疾患で最も良く見られる疾患であり、
50代と60代に好発し女性よりも男性に多発する。⇒40代と50代の間違いではないか?

 

6) Retrospective Study Prospective Study ― 統一は出来ないのか?

後ろ向き研究と前向き研究                                         

遡及的研究と先見的研究または計画的研究

回顧的調査と展望的研究


[back to index of past meetings]