MITA Home

English-Japanese bilingualism

Brian Phillips

17 September 2003


その1:日本語の一文及び英語のセンテンスに含まれる一定量・器の違いとは・・・

  1. それぞれの重さ、深さ、色、形、及び攻入る角度全てが違う。

(ア) 日本語は何でもかんでも放り込んでしまえる「つぼ」。

(イ) 英語は整理整頓がされた「お弁当箱」。

  1. 北アメリカ英語を基準にした場合、日本語の一文とは不完全なトピック・センテンス又は本来そのパラグラフに含まれるべきでない内容が複雑に絡み合った集合体。

  2. 日本語の「流れ」及び英語の「流れ」を認識する。

  3. 1対2(又は3)の法則。

 

その2:表現方法

  1. 英語の基本文法をマスターする。

  2. 英文タイピングの基本をマスターする。

  3. 要点のみをつく。

(ア) 電報を書く感覚で英文を書く。

  1. 味気なさ、物足りなさ、及び冷たさすら感じる場合があるが我慢して書く。 
    → 〜です。〜です。However、〜です。In addition、〜です。〜です。

  2. ただし、英文レベルで電報にならないようにする。

"Combine the ideas in each group following into one smooth sentence."

(イ) 不必要に語数を増やさない / 副詞・形容詞・前置詞句を多用する。

  1. Commuters going back and forth to work or school formed car pools. → Commuters formed car pools.

  2. There were three squirrels in the yard. → Three squirrels were in the yard.  

  3. At this point and time → Now

  4. Since he believed the ship could be saved, he called for volunteers to help him. → Believing the ship could be saved, he called for volunteers to help him.

  5. When the sun sets, the streets lights come on. → At sunset the street lights come on.

  6. Dr. Brown, who is the chief surgeon, will operate. → Dr. Brown, the chief surgeon, will operate.

  7. Laura is a runner who never tires. → Laura is a tireless runner.

  8. She greeted everyone in a cordial manner. → She greeted everyone cordially.

(ウ) 意味を成さない表現及び不必要な表現は全て避ける。

  1. 「何もありませんがどうぞ召し上がって下さい。」 → "We have nothing but please enjoy your meal."

  2. 「この場をお借りしてご挨拶させて頂きたいと思います。」 → "I would like to take this opportunity to introduce myself."

  1. 適した言葉を使う。→ Exactness

(ア) 北アメリカ英語畑の存在を認識する。

  1. 外来語、カタカナ英語、及び使い方がはっきりしない名詞や動詞は全て疑ってかかる。

  1. "They all agreed that segregations in toilets and eating places should be eliminated."

  2. "I would like to buy a video."

  3. "Health meter for sale."

  1. ビッグ・ワード等は避ける。

  2. カラーレスな言葉は避ける。

(ア) Nice, Good, Badなど。

  1. 一体感を出す。→ Make it solid.

(ア) 二歩進んで一歩下がる → 編みこんでいく。

(イ) 読者に伝えたい内容をコロコロ変えない。

 


[back to index of past meetings]