MITA Home

Oral Presentations

Joseph Green

21 January 2004


Dazzle 'Em With Style: The Art of Oral Scientific Presentation

by Robert R. H. Anholt
W H Freeman & Co
ISBN: 0716725835

 

Think about your audience.
聞き手はどんなグループですか?

What do they already know about your topic?
このテーマに関する予備知識は有りますか?どの程度?

What do they expect to learn from your presentation?
このプレゼンテーションで何を学ぼうと期待していますか?

Remember: you will tell them what to expect.
ヒント: なにを期待すべきか伝えましょう。

Structure! 構成が大事!

Three partsプレゼンテーションは3部構成で

  1. First, say what you are going to say,
    はじめに内容を予告しましょう

  2. then say it,
    本題に入ります。

  3. then say what you said.
    何を話したか振り返りましょう。

(like IMRAD)
(論文の緒言、対象・方法・結果、考察と結語のように)

 

1. Say what you are going to say.
内容の予告

introductionテーマの紹介

background背景

outline概略

Establish the gap.
既存の知識に何が欠けているかはっきりと認識してもらう。

Remember that this part sets expectations.
ヒント:この部分で聴衆の期待度が決定します。

2. Say it. 本題です。

longest of the three parts
3部構成で最長の部分です。

new information
新しい情報。

subsections if necessary
必要であれば話題を区切りましょう。

 

3. Say what you said.
話した内容の確認をしましょう。

summary, conclusions まとめ、結論

What does it mean? その意義は?

Answer all questions that you raised.
問題提起した事柄すべてに答えを出しましょう。

If possible, give a single, clear message.
できることなら簡単明瞭なメッセージを1つ強調しましょう。

 

Other points to rememberヒント集

Allow approximately two minutes per slide.
1つのスライドは約2分

Leave time for questions.
質問をしてもらう時間を確保する。

Stay within time limits. 時間制限は守りましょう。

Avoid using a script: Let your slides be your guide.
(Use notes if necessary.)
原稿を読み上げるのはやめましょう。スライドの順番をガイド役に使いましょう。
(必要であればメモを用意しましょう)。

Rehearse
リハーサルをしましょう。

...on your own, from the end to the beginning.
自分自身で、最後から最初まで。

...in front of an honest and perceptive audience.
正直で客観的に意見を言ってもらえる聞き手の前で。

 

Prepare
準備は怠りなく

Then Relax
準備ができたらリラックス


[back to index of past meetings]