MITA Home

Drug Information Hotline and Free Access to Drug Information -- Present and Future
くすり相談室(センター)と薬剤情報の開示 -- 現在と将来

Kensuke Baba

20 April 2005


くすり110番:Drug Hot Line

厚生労働省(機構)、企業、消費者センター、各種ウェブサイトほか

カスタマー: 医療関係者、一般消費者 (患者)

電話、メール (e-mail)、郵便ほか

 

1. カスタマーの声を聞く

質問

医薬品: 医家向け、OTC

疾患、そのほか、周辺情報

コンプレイン: complaint

クレーム: claim (特殊苦情)

2. カスタマーの声に答える

安全性 (副作用、症状、過去の経験、処置方法)

使用方法 (添付文書の記載範囲、Off-label  use.; Evidence-based medicine (EBM)

コンプレイン: complaint

クレーム: claim

3. カスタマーの声を生かす

Claim & Complaint

そのほか (社長の直轄組織、そのほか・・)

4. モットー: 「信頼される情報を早く正しく誠実に」カスタマーのお手元に! 

 

世の中の情勢

. 個人情報保護法2003523日国会通過。200541日施行

 2. 企業各々の対応:

ウェブサイト: 企業により特色有り

 3. Medication error

医薬品情報に関する参考

官公立機関

1. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 (Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)

www.pmda.go.jp/

2. 厚生労働省 (Ministry of Health, Labour and Welfare)

www.mhlw.go.jp/

3. 国立医薬品食品衛生研究所 (National Institute of Health Sciences)

www.nihs.go.jp/index-j.html

4. 国立感染症研究所 (National Institute of Infectious Diseases)

www.nih.go.jp/niid/index.html

 

学会

1. 日本医薬品情報学会 (Japanese Society of Drug Informatics)

http://jasdi.jp/

2. 日本臨床薬理学会 (The Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics)

3. 日本薬理学会 (The Japanese Pharmacological Society)

4. 社団法人 日本薬剤師会 (Japan Pharmaceutical Association)

5. 社団法人 日本薬学会the (Pharmaceutical Society of Japan)


[back to index of past meetings]