MITA Past Meetings

MITA Home

Taiyaku-kun: Computer Software Designed for Bilingual Medical Professionals

Keiko Murata, Yuriko Hirai, MCL Corporation

21 September 2005


 翻訳はとても大変な仕事です。特に医学翻訳などの非常に専門性の高い分野であれば、語学力のみならず背景知識がとても重要になってきます。また質を上げようとすると費用対効果がどんどん悪くなるジレンマもあります。

「対訳君」は医学翻訳を専門とする弊社が、いかに効率よく質の高い翻訳を仕上げるかに焦点を当てて開発した、卓越した検索機能を誇る辞書・用例検索ソフトです。

 

<プログラム>

  1. 効率よく翻訳をするために −「対訳君」誕生の経緯−

  2. アンケートと問題提起

  3. 医学翻訳者MCL子の物語(漫画スライド)

  4. Q&A −「対訳君」の実演を交えて−

  5. 意見交換(ツールで問題をどこまで解決できるか)

  6. まとめ

  7. MCLからの御連絡事項

 ご参加いただいた皆様からは、日頃お使いのソフトについての御意見や、「対訳君」に関するご質問などをいただき、当方にとりましても大変有意義な時間を過させていただきました。最後までお付き合いいただきまして本当に有難うございました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 当日は時間の関係上、十分に御説明できなかった点もございます。もし興味がおありでしたら、以下のサイトに「対訳君」に関するさらに詳しい情報がございますので是非一度ご覧になってください。

http://www.mcl-corp.jp/taiyaku/taiyaku-outline.htm

 また、MITAの会員様限定で以下の対訳データを内蔵した「対訳君」体験版をダウンロードいただけるサイトを御用意しました。この機会に是非「対訳君」をお試し下さい。

http://www.mcl-corp.jp/mita/experience.htm

 MITA会員様限定「対訳君」体験版>

 内蔵データの御説明

 ●データ1:Raoul Breugelmans先生が20 September 2000に講義されたCommon Errors in Case Presentationsのデータ

 身近なデータを簡単に対訳君に取り込んでいただける例として、MITAのサイトで公開されているBreugelmans先生のデータをお借りいたしました。

 「◆」で検索していただくと全て内容がご覧いただけます。

 【データ表示例】

 ●「対訳君」医学版内蔵データ:「最新がん情報」より「急性骨髄性白血病の治療に関する情報」(約600対訳)

 皆様に実際にデータを御確認いただけるよう、医学版内蔵データより抜粋いたしました(約600対訳)。

実際の医学版製品には「最新がん情報」のデータ約2万9千対訳に加え、「メルクマニュアル」約7万対訳、「医学英語慣用表現集」約7千対訳、英文ビジネスレター約1600対訳、MCLオリジナルレター集約2200対訳が内蔵されています(計11万対訳)。

 【データ表示例】

 <注意>

辞書データは内蔵されておりません。もし以下のデータ形式の辞書データ(CDROM版)をお持ちでしたら、「対訳君」に接続して御利用いただけますので、是非お試し下さい。

対訳君の操作に関する情報は以下のサイトでご確認いただけますので、御活用下さい。

http://www.mcl-corp.jp/manual-frame/manual-index.htm


[back to index of past meetings]