MITA Home

医学翻訳の現状と望まれる翻訳者像

Aoi Nakamura, Norihisa Yanagihara
International Documentation Center

19 July 2006


サブトピックス

  1. 翻訳業界について
  2. 翻訳エージェントの役割
  3. 翻訳エージェントの業務の流れ
  4. 翻訳エージェントの望む翻訳者像
    望まれる資質、トライアル応募・納品に関して、稼動している翻訳者とは・・・
  5. エージェントの視点から見た医学業界のトレンド

業界・エージェントについて

翻訳業界は大別して「実務翻訳(80〜90%)」「出版・映像翻訳(10〜20%)」で構成されており、業界の需要は実務翻訳が担っています。
翻訳業界に関する正確な統計はありませんが、日本翻訳連盟の「翻訳白書」によると株式会社、有限会社(フリーランスも含む)も含め「約2,000社」あると言われ、業界全体での売り上げは「3,800億円」との試算もあります。

実務翻訳は、主に企業・官公庁の様々な業務に伴い発生します。一般的なビジネスレターから、契約書、研究成果のレポート、医学論文、会社案内、製品カタログ、マニュアル、仕様書、特許明細書、内外政府に提出する書類、年次報告書、企画書、プレゼン資料、マーケティングリサーチ資料など多岐にわたります。

主な分野は、「医学・バイオ」「金融・経済」「法律」「工業技術」「IT関連」などがあり、この分野のなかで前述の翻訳文書が相互にリンクし発生します。

エージェントはクライアントと翻訳者を仲介する必要不可欠な存在といえます。
翻訳者にとってのメリットは翻訳に集中できること、軌道に乗れば安定した受注が見込めること、エージェントの介在によってフィードバックが的確に得られることなどがあり、
クライアントにとってのメリットは翻訳に付随するサービスの提供も受けられること、大量案件に対応してもらえること、継続案件を依頼した際に均一的な品質での納品が期待できることなどがあります。

望まれる翻訳者像について

翻訳者に望む資質を下記に列挙していますが、一言で言えば「翻訳者としてのプロ意識」を持ってもらいたいということになるでしょう。

トライアルに関しても上記のような資質のある方かどうかを実力とあわせて評価させていただいております。

実際に稼動し、安定した依頼を受けている(=エージェントより信頼を得ている)翻訳者さんの特徴は下記の通りです。

医学業界のトレンド

望まれる分野:バイオ、バイオ特許、歯科関連分野、統計分野

バイオ分野は新しい分野であり、日々の進歩も著しく最新の情報が常に更新される進行形の分野で、需要の増加が見込まれますが翻訳者が不足しています。バイオ研究には特許の知識も必要不可欠で、やはり翻訳者の数も絶対的に不足している狙い目の分野です。
また、歯科関連や統計分野の問合せもありますが、同様に翻訳者が不足しています。
医学分野全体では国内、海外の申請関連の書類が多く取り扱われますが、最近は新薬開発のCMC関連の需要が多くなっています。

翻訳者に望む+α

医学分野の専門的知識を判断する要件として、「医学博士」「医師」「薬学博士」「薬剤師」の資格を指標としておりますが、それ以外に+αの能力が望まれております。基本的なPC技術や翻訳支援ツール(TRADOS等)の使用能力も重要になってきています。
また、翻訳という作業には語学が得意ということだけではなく、それぞれの分野における専門知識、そして語学のセンスを磨くことが必要な要素です。
秘密保持は言うまでもなく重要な要件ですが、今日では今まで以上に重要視されています。これは知的財産、情報保護に対する認識が高くなっていることが大きく影響していると考えられ、秘密保持契約の締結、メールの暗号化など様々な対応が必要になってきています。翻訳者にも秘密保持に対する高い意識が必要になります。

対クライアントに関して

クレームは以前より話題となるトピックです。「誤訳」「訳抜け」「専門用語のミス」等は問題外ですが、担当者の好みによるクレームも発生します。例えば、「好みの文体でない、または自分の通常使う表現ではない」「直訳過ぎる」「意訳すぎる」・・・。完璧な翻訳の判定が困難である以上、常にクレーム発生の可能性を秘めているといえます。エージェントと翻訳者の連携により少しでもこの可能性を低くすることが望ましいと思われます。

クライアントのコスト削減意識の高まりにより、官公庁、一般企業ともに一般競争入札・相見積等の価格競争が当たり前のようになってきています。クライアントからは低価格の要求、翻訳者からは単価アップの要求があり、受注と高品質維持のバランスが難しくなっています。

日々めまぐるしく変わる社会情勢の中で、翻訳会社に対する各企業の要求も変化しています。翻訳のプロとしてそれらに応えていき、クライアントからの信頼を得ることが大事です。


[back to index of past meetings]